←Back EN JA

KAZARIMONO: The Installation culture in Hida (飛騨のかざりもの)

KAZARIMONO: THE INSTALLATION CULTURE IN HIDA

size: A5
Pages: 12P + A3 Poster
Language: Japanese + English
Artist: Sadao Ayutobi
Idea, Design, Writing and Publishing: The Simple Society
Copyediting: Sophie Perl
Photography: Mutsumi Tabuchi
Supported by: 5+ (Gotoh)
Published in Oct. 2013

Kazarimono is a witty and refined, traditional pastime culture unique to the region of Hida, central Japan. Kazarimono (literally meaning “decorative item”) is a creative installation that usually visualizes some kind of riddle or wordplay.

The oldest kazarimono on record dates back to 1787, a votive offering for a Shinto shrine in Hida-Takayama. Some suggest that it later evolved into a type of entertainment at parties of the nobility and the bourgeoisie. From there it turned into a new year’s tradition popular among local craftsmen.

飛騨のかざりもの

A5(210 x 148 mm)/フルカラー/12P+A3ポスター付
言語:日本語+英語
飾手:鮎飛定男
写真:田渕睦深
英訳監修:ソフィ・パール
著者+翻訳+装丁+出版:シンプル組合
2013年10月初版発行

飛騨の飾り物
1787年、高山郡代大原正純が陣屋稲荷の初午祭に「二十四孝」の飾り物を奉納したのが最も古い記録とされるが、旦那衆が始めた余興ともいわれる「こうと(地味で上品という意味の飛騨弁)」な町人文化である。今では、高山や古川など飛騨地方を中心に、新年など祝事の際に、民家の軒先で出格子を外し緋毛氈を敷き、銀屏風を立て「飾り物」を展示する。

本物に似せた「作り物」、とんちの利いた「判じ物」、物を何かに見立てる「見立て物」の三種の飾り方がある。道具は、茶道具、酒器、大工道具など、同系統でまとめ、生活の道具でありながらも、床の間に飾れるような品のある道具を選ぶことが求められる。豪奢でなく、ごく自然にありのままの姿で飾るのを良とする。また飾り手の洒脱さは勿論、見る者にも知的感度が求められる。

D+AD: Miki Kadokura + Tilmann S. Wendelstein
D: Miki Kadokura
2013.09