←Back EN JA

Poster for ‘PLAY JEWELLERY – wearing, making, thinking’

A satellite program for the exhibition of Otto Künzli at Tokyo Metropolitan Teien Art Museum (TTM) held from October 10th to December 27th, 2015. This program was aimed to support a deeper understanding of contemporary jewelry within Japan.

日本におけるコンテンポラリージュエリーのより深い理解を促すために開催された、東京都庭園美術館「オットー・クンツリ展」(2015年10月10日〜12月27日)のサテライトプログラム、「プレイジュエリー - 装う、作る、考える」のためのマップポスターのデザイン

AD+D: Miki Kadokura / CL: Schmuck2.de / Oct. 2015